工事事例について 鍵・防犯サービス 鍵のトラブル/合鍵/開錠/防犯対策 鍵と錠・防犯のことなら カギの救急車 町田店 におまかせください!土日・祝日も出張工事OK!

0120-50-9990

お客様専用フリーダイヤル

土日・祝日 出張工事OK!

カギの救急車|トップ

MENU

0120-50-9990お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵・防犯サービス

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵Q&A|バナー

侵入の手口|バナー

MIWAディスクタンブラーシリンダー解錠


元々の鍵はMIWAのディスクタンブラーで20年以上の古いタイプでした。

この手の鍵は古くなると、鍵が奥まで入らないという現象が起きやすくなります。鍵をかける時にサムターンが完全に回りきらずに鍵が抜けるという事が起こります。

これは、ディスクタンブラー特有の現象なんです。

ディスクタンブラー以外のシリンダーにすれば起こりません。

また、ディスクタンブラーのシリンダーは防犯性が低く簡単に開いてしまいます。

解錠後、鍵は変えますか?と聞いたところ良いカギに変えてくださいとのことで、シリンダーは、防犯性がく、オーナー登録制を採用しており、合鍵の作製はもちろん鍵の取り寄せもオーナー様しかできないカバスターネオで上下同一キーにしました。

この扉にはMIWA社のPASP + TESPという錠前がついており、上下で違う形式のシリンダーとなっています。上が6137NR下が6150というセットになります。

今回は補助錠ケースTESPも交換したので6150はそのまま装着すると施解錠時に重くなる場合があるので、ちょっと工夫して納めました。

お客様も「使い易いし、今回のようなことも起こらないので安心です」と喜んで頂けました。

アパート、マンション、住宅、ホテルの解錠、鍵開けはカギの救急車町田店までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る